元帳

元帳一般的に元帳と言うと総勘定元帳を指しますが、企業様によって、補助元帳・買掛金元帳・売掛金元帳・仕入先元帳など様々な名称の元帳があります。

 

請求書を兼ねた得意先元帳もあります。

 

元帳という帳票の性格上、通常は複写ではなく1枚物として使うことが多いです。

 

また、保存することが多いので、パンチ穴ドンコ穴を開けることもあります。

 

お客様によって使われる元帳は様々ございますが、当社は40年以上、伝票印刷に携わってまいりました。
オリジナル元帳印刷なら、伝票印刷王にお任せ下さい。

これまで印刷した、オリジナル元帳の一例を紹介いたします。

元帳印刷でよく使われる用紙と加工、サイズは印刷可能な最大サイズをそれぞれまとめました。

手書き用伝票
サイズ A3(420mm×297mm) まで
上質紙  ノーカーボン紙
製本 のり製本  ホッチキス止め製本  セットのり製本  巻下敷つき製本
ミシン 縦ミシン  横ミシン
パンチ穴
その他 ナンバリング(続き番号)
連続伝票
サイズ

横サイズは、18.5インチ (469.9mm) まで

縦サイズは、18インチ (457.2mm) まで
上質紙  ノーカーボン紙
組合せ ギャザー  点のり  線のり  はく離のり
ミシン 縦ミシン  横ミシン
パンチ穴
その他 ナンバリング(続き番号)
プリンタ用紙
サイズ

A3 (420mm×297mm) まで

上質紙
ミシン 縦ミシン  横ミシン
パンチ穴
その他 ナンバリング(続き番号)

※他の用紙加工もございますので、お気軽にお問合せください。

数量について
お客様のご要望通りの数量で領収書を印刷いたします。決まったロット単位や最低数量はございません。極端な話1枚でも印刷いたします。
見積数量で迷っておられましたら、こちらの「FAQ : 注文数量に目安はありますか?」をご覧下さい

お客様の声

伝票印刷王はこんな会社