連続伝票(一般)

ここでご紹介する連続伝票は、納品書や請求書など一般的な仕様になります。ドットインパクトプリンタラインプリンタでご使用できます。

 

紙:1枚もの(複写なし)なら、上質紙色上質紙を使用します。複写伝票なら、ノーカーボン紙を使うことが多いです。

 

印刷:一般的なインキを使います。複写伝票なら、通常インキ以外に減感インキホワイトカーボンインキができます。

 

組合せ:複写伝票で、複数枚の紙がバラバラにならないように綴じます。組合せ方法は、ギャザー・点のり・線のり・はく離のりができます。

 

穴:プリンタ用の左右の送り穴はもちろんですが、綴じるためのパンチ穴ドンコ穴ができます。

 

他にナンバリング(続き番号)を入れることができます。

 

ここでご紹介した連続伝票の仕様は一般的なものです。ご使用のプリンタがNIPでしたらNIP仕様に、OCR装置に掛けるのでしたらOCR仕様に、OCR装置とNIPに掛けるのでしたらOCR・NIP仕様に、特殊なミシン目を入れたり、圧着ハガキカーボン印刷連続封筒もできます。

 

お客様によって使われる連続伝票は様々ございますが、当社は40年以上、伝票印刷に携わってまいりました。
オリジナル連続伝票印刷なら伝票印刷王にお任せ下さい。

連続伝票(一般)印刷でよく使われる用紙と加工、サイズは印刷可能な最大サイズを一覧にまとめました。

用紙 上質紙  ノーカーボン紙
サイズ 18.5インチ (469.9mm) まで
18インチ (457.2mm) まで
加工 組合せ ギャザー  点のり  線のり  はく離のり
ミシン 縦ミシン  横ミシン
パンチ穴  ドンコ穴
その他 ナンバリング(続き番号)

※他の用紙加工もございますので、お気軽にお問合せください。

数量について
お客様のご要望通りの数量で納品書を印刷いたします。決まったロット単位や最低数量はございません。極端な話1枚でも印刷いたします。
見積数量で迷っておられましたら、こちらの「FAQ : 注文数量に目安はありますか?」をご覧下さい

お客様の声

伝票印刷王はこんな会社