親子ナンバー【おや・こ・なんばー】

ナンバリング方式の1種で、親ナンバー(左側)と子ナンバー(右側)をハイフン(-)で連結したりするナンバリングです。
子ナンバーが指定した数になると親ナンバーが1つ増え、子ナンバーはまた1に戻ります。
例えば、50枚綴りで1冊になった領収証などで、親ナンバーで何冊目かを、子ナンバーでその中の何枚目かを安易に把握することができます。

   <例> 02001-01~02001-50、02002-01~02002-50、02003-01~02003-50 ・・
        右の2桁の子ナンバーのみ 02、03、と50まで増え、
        次の番号は、51にならず、親ナンバーが1つ増えて
        子ナンバーはまた01から、となります。

通常の連番(通し番号)用のナンバリングユニットでは印刷できないので、専用の設備が必要となります。

伝票印刷用語集

  • お見積り依頼
  • 伝票印刷用語集
  • 伝票お役立ち情報ブログ
  • お客様の声
  • お取引について
  • 会社案内
  • お問い合わせ
  • その他の取扱業務
営業日カレンダー