増感印刷【ぞうかん・いんさつ】

ノーカーボン紙の中紙や下紙の表面と同じ発色効果を得られる増感インキ(=ホワイトカーボンインキ)を印刷することをいいます。
本来は上にノーカーボン紙の上紙や中紙をセットしても発色しないノーカーボン紙の上紙や上質紙などに印刷することで、その部分のみ発色させることができます。
(ただ、通常のノーカーボン紙ほどの発色濃度は得られません)
増感印刷を施した部分のみが発色するという特徴を活かして、印字や記入する場所は多いが複写させたい箇所は少ないといった場合に、減感印刷だと面積が大きくなってしまうため、本来は発色しない用紙を使用してピンポイントで増感印刷をすることで複写機能を実現できます。

伝票印刷用語集

  • お見積り依頼
  • 伝票印刷用語集
  • 伝票お役立ち情報ブログ
  • お客様の声
  • お取引について
  • 会社案内
  • お問い合わせ
  • その他の取扱業務
営業日カレンダー