輪転印刷機【りんてん・いんさつき】

ロール状に巻き取られた用紙に、印刷を行う印刷機のことです。
実質1枚の紙に連続して印刷を行うため、重送(2枚以上の紙を重なったまま送り出してしまうこと)は皆無で見当の安定した高速な運転が可能です。
印刷機末尾で断裁や折り加工も同時に行え、主に新聞や雑誌など大量部数の印刷には欠かせません。
伝票印刷の分野では、連続伝票の印刷に特化した小型のいわゆる「フォーム輪転機」を用います。

伝票印刷用語集

  • お見積り依頼
  • 伝票印刷用語集
  • 伝票お役立ち情報ブログ
  • お客様の声
  • お取引について
  • 会社案内
  • お問い合わせ
  • その他の取扱業務
営業日カレンダー