スクリーン線数【すくりーん・せんすう】

印刷色濃度の階調表現に用いる「アミ点」の密度のことで、アミ点1列を線にみたてて1インチあたりの本数で表します。(同義語として「アミ線数」ともいいます)
本数は解像度に直結しますので多いほど高精細な印刷表現が可能になります。
多ければ良いというものではなく用紙の種類や用途によって使い分け、伝票類では100線~150線、カタログやパンフレット、雑誌などのカラー印刷物では175線以上が主に用いられます。

伝票印刷用語集

  • お見積り依頼
  • 伝票印刷用語集
  • 伝票お役立ち情報ブログ
  • お客様の声
  • お取引について
  • 会社案内
  • お問い合わせ
  • その他の取扱業務
営業日カレンダー