裏移り(裏写り)【うら・うつり】

印刷したインキが隣接した紙面に転写し汚してしまうことや、反対面に印刷した内容が透けて見えることをいいます。
転写による汚れはインキの乾燥が充分でないうちに紙の重みや断裁時の圧力が加わることで起きますので、ベタ面積が大きいデザインやインキが乾きにくい用紙を使用する場合にはインキの乾燥性を高めたうえで印刷紙を小分けにして重量を軽減しつつ充分な乾燥時間を確保するほか、可能であればUV硬化型インキを使用して乾燥を早めます。

印刷内容が透けて見えてしまう現象は、裏面の印刷色を薄くすることである程度は軽減できますが完全に防ぐには、紙種の選定や紙厚を増やす必要があります。

伝票印刷用語集

  • お見積り依頼
  • 伝票印刷用語集
  • 伝票お役立ち情報ブログ
  • お客様の声
  • お取引について
  • 会社案内
  • お問い合わせ
  • その他の取扱業務
営業日カレンダー